日本のロケット開発

日本のロケット開発について

a1

今回は日本のロケット開発について書いていきたいと思います。

ではロケット開発の過去と未来のことを書いていきたいと思います。

日本のロケット開発の父と呼ばれている人がいるようです。その人は「糸川英夫」という人です。 糸川英夫さんは、初めは小さなロケット開発から始まり、「ペンシルロケット」という鉛筆サイズの小さなロケットの発射実験をしたようです。そしてその発射実験からすでに半世紀たっているようです。

日本のロケット技術は、火星や金星に向けて探査機を飛ばしたり、国際宇宙ステーションへ物資などを運ぶ運送船を打ち上げたりすることが出来るまで発展していきました。
ロケットと聞いたら誰でも大きい物というイメージがありますが、先ほど紹介した「ペンシルロケット」がロケットの始まりなのです。
そしてペンシルロケットは、鉛筆サイズの小さな物で、長さがわずか23㎝ほどしかないロケットなのです。
日本でいうロケットは、人工衛星を搭載する乗り物のことを言います。また推力を生み出すエンジンそのもののことでもあるようです。
少しややこしくてよくわかりにくいかもしれませんが、ロケットエンジンを使って、人口衛星を打ち上げる乗り物が「ロケット」というわけなのです。
では「ロケットエンジンって何?」と思う人がいると思いますが、ロケットエンジンとは、推進剤を高速に噴射する反動で推力を得るエンジンのことを言うようです。
打ち上げる時に使うようなエンジンは、化学反応の1つの「燃焼」反応によって、噴射に必要な高温で高圧のガスを作り出しているようです。このような物は「化学ロケット」と呼ばれているようです。
燃焼には酸素が必要で、空気のない所に飛んでいくロケットは燃焼と一緒に「酸化剤」も運んであげる必要があるようです。またペンシルロケットもこれと同じであり、鉛筆サイズの小さな物でも、立派なロケットなのです。
糸川英夫さんがペンシルロケットの発射実験を行ったのは1955年の頃でした。この時はロケットを上に発射したのではなく、横に飛ばす方法の「水平発射実験」でした。
なぜ上ではなく横に飛ばしたかというと、1955年の当時の日本には、まだレーザーでロケットを追跡する技術がなかったため、薄い紙を何枚も並べ立たせて、その紙に向かってロケットを発射させて、突き破った位置や時間を計測して実験することで、ロケットがどのように飛んでいたのかわかるようにしていたそうです。

ロケットは、ペンシルから始まり、徐々に大型化していったと言いましたが、1970年についに「L-4S」というロケットが、日本で初めて「おおすみ」という人工衛星の打ち上げに成功したようです。 日本の他にも打ち上げをした国があり、旧ソ連、米国、フランスが打ち上げ、日本は世界で4番目に人工衛星を打ち上げた国になりました。これには、4回の打ち上げの失敗を乗り越えての偉業であると言えるでしょう。

人工衛星の打ち上げに本格的に乗り出し始めたのは、打ち上げ成功した直度とされており、「M」というシリーズがあるようですが、その「M」シリーズになってからのようです。 1971年の第1世代の「M-4S」で、日本で初めての「しんせい」という科学衛星の軌道投入に成功したようです。 ちなみにM-4Sは、全長23.6mのロケットのようです。

そして1985年には、さらに能力を向上させた第4世代の「M-3Sll」は、彗星に向けて「さきがけ」というものと「すいせい」という2機の探査機を打ち上げたとされています。 ちなみにM-3Sllは、全長27.8mのロケットです。

ペンシルロケットからMシリーズのロケットまでは、全ての固体の推進剤を使用するロケットなので、「固体ロケット」と言い、他の液体の推進剤を使用するロケットを「液体ロケット」と言います。 基本的には、小型のロケットには固体の推進剤を使用し、大型のロケットには液体の推進剤を使用するのが適しているとされています。
ですが、M-3Sllは全段固体のロケットで地球の重力圏の脱出に世界で初めて成功させたそうです。

また日本の固体ロケットの集大成として作られたのが第5世代の「M-V」というロケットです。4号機の打ち上げは失敗したようですが、「のぞみ」という火星探査機や「はやぶさ」という小惑星探査機を打ち上げるなどの活躍で、日本の科学の発展に貢献したようです。
M-Vは全長30.7mのロケットです。 日本に固体ロケットの集大成といて作られたM-Vというロケットは、2006年には廃止されたようです。そしてM-Vの後継機として、「イプシロン」というロケットの開発が進められたようです。 ちなみにそのイプシロンというロケットは、全長24.4mのロケットのようです。

このように日本のロケット開発は、初めは鉛筆サイズのロケット開発から始まり、現在では大きい物が作られるようになりました。そして日本は今まで多くの種類のロケットを開発してきたことがわかったと思います。

ロケットが好きな人であれば、このようなことはわかるかもしれませんが、ロケットに無関心な人が多いと思いますし、若い子であれば、全然関心がないという子が多いのではないでしょうか。そして特に関心がないという人は、まったくわからないと思います。

テレビでもあまりロケットについて放送されませんから知る機会がないので、わからないという人が多いのだと思いますが、徐々に知る機会ができればなと思います。

↑ PAGE TOP