日本 ロケット 打ち上げ場所

日本のロケット打ち上げ場所の特徴

今回は日本のロケットの打ち上げ場所について書いていきたいと思います。
皆さんは、日本のロケットがどこから打ち上げられているか知っていますか?
日本では、種子島宇宙センターと内之浦宇宙空間観測所の2カ所で打ち上げられているようです。
ロケットを打ち上げる場所は、発射時の騒音さ振動やロケットからの部品落下などを配慮しなくてはいけません。なので、人口密度から離れた場所に打ち上げ場所を作らなくてはいけないのです。

またロケットとは、地球の自転速度を使って打ち上げられるので、赤道に近く東向きに打ち上げられる場所が必要なのです。

日本で大型ロケットの打ち上げを行っているのは、鹿児島の南の方にある、種子島東南端の海岸線に面する場所にある種子島宇宙センターのようです。 種子島宇宙センターは、昭和44年に旧宇宙開発事業団の発足と共に設立されたそうです。

種子島宇宙センターは、ロケットの組み立てから打ち上げまで、そして衛星の最終チェックやロケットへの積み込みまでを行うことをしている日本最大の宇宙開発施設なのです。

種子島宇宙センター内には、大型ロケットに発射場の他、液体ロケットエンジンや固体ロケットブースターの地上燃焼試験を行う試験設備、宇宙科学技術館、増田宇宙通信所、宇宙ヶ丘追跡所などのいくつもの施設があるのです。

そして種子島宇宙センターには、竹崎展望台というロケット打ち上げ時のマスコミ向けの展望台もあるようですし、その竹崎展望台は、ロケット発射場を眺められる最高の場所のようです。 マスコミのための展望台まで作られているのがとてもすごいと思いました。

また内之浦宇宙空間観測所については、多長嶋宇宙センターと共に、日本のロケット打ち上げ場となっているのが、鹿児島県にある内之浦宇宙空間観測所なのです。 科学観測ロケットや科学衛星の打ち上げの他にも、科学ロケットや科学衛星の追跡やデータ取得などを担当する施設が内之浦宇宙空間観測所のようです。 そして打ち上げ事件が行われる時には、見学所が作られるようです。

また傾斜発射するようになっていますが、その理由はロケットを早く海上に出してあげることで、万一事故が発生した場合に被害を少なくするためだそうです。 ロケット発射には、自然的にも地理的にも人為的にも安全性、確実性を確保することが条件になっているようです。

発射場は、大量の火薬類や危険物を扱うので、十分に広い土地が必要なのです。そして発射後のロケット各段の落下点や、万一故障した場合ために、飛翔経路や破損した場合に破片の落下範囲などを考慮して、あらゆる被害の出ないようにしつつ発射場の位置や発射方向が決定されるようなっているのです。 ほとんどが海に面している所に発射場を設置することが多いようです。 そして一般には陸地や島の存在により、発射方位の制限を受けてしまったり、漁期との関係で発射の期間が限られてしまう発射場もあるようです。 また航空路なども配慮しなくてはいけないようです。

他にも天候についてですが、発射時の天候待ちを減らして発射場の年間利用率向上のためにも、年間を通して晴れが多く安定した気候であることと、発射時ロケットの姿勢に影響を及ぼす風があまり強くないことが条件に発射場の設置場所を考えなくてはいけません。

地上の設備必要なのは、最低でもロケットを組み立てる施設や打ち上げるために必要なロケット固定施設、液体燃料ロケットの場所には、ロケットの燃料を保管したり注入することが出来る施設などが必要になります。

その他にも人工衛星を打ち上げる場合には、大気圏外までの管制を行う施設が必要で、有人飛行の場合には、宇宙飛行士の宿泊施設や待機場所なども必要になるみたいです。 そして軌道投入後は、管制業務は運用担当施設に引き継がれているようです。

このことからわかるように発射場を設置する時には、人的にも物的にも配慮しなくてはいけませんし、天候が安定していることと、人口密度が多い所を避け、騒音や振動のことも考え、角度や航空路などもしっかり考えてながら、建てる場所や位置などを決めていかなくてはいけないことがわかったと思います。

人的被害や物的被害があっては大変ですから、しっかり考えることが大切なんですね。そして被害を出来るだけ少なくするために、海に面している場所に建てられているのです。

このことから発射場所は。簡単に考えられているのではなく、すごくしっかり考えられて作られたことがわかりました。 そして種子島宇宙センターの発射場所には、マスコミ向けに竹崎展望台があり、その展望台からはしっかり発射場所が眺められるように、設置されているようなのです。そしてマスコミからしっかり見える所に設置したことにより、マスコミの人が撮ったもの私たちが見ることが出来ているので、展望台の設置はとても素晴らしいと思いました。

↑ PAGE TOP